amazonギフト券使い方

アマゾンギフト券のギフトコードには知っておくべき5つのルールがあった

更新日:

アマゾンギフト券のコードのルール解説
amazonギフト券を使う時はチャージタイプを除いてアカウントのマイページから事前に登録しなくてはなりません。

現金やクレジットカードと同様にamazonでの支払いに使えるようになっているためチャージ分の料金を差し引いてamazonの商品を手に入れられるといったメリットをはじめ沢山の利点が存在するのでその仕組を知ることでより便利に活用できることでしょう。

個人で購入することも出来ればプレゼントという形で第三者に提供することも可能なので、amazonギフト券を何らかの謝礼としてプレゼントしている企業者や業者も沢山存在しています。

様々な入手方法があるamazonギフト券ですから使い方など詳しく知りたいという方も多いと思います。

ここではamazonギフト券の正体であるギフトコードについて5つの知っておくべきルールをご紹介致しますので最後までお付き合いいただけたら幸いです。

amazonギフト券コードの5つのルール

ギフトコードの5つのルール

  1. amazonギフト券を使うならコードの登録が必要
  2. アマゾンギフト券コードには有効期限がある
  3. ギフトコードは再発行が可能
  4. ギフトコードを伝えるだけで受け渡しは可能
  5. 未登録ギフトコードは換金できる

amazonギフト券を使うならコードの登録が必要

コードの登録が必要
amazonギフト券にはコードと呼ばれているギフト券番号が存在しており、そのアルファベットや数字などの番号を入力することで自動的に会計時に割引が適応されるといったシステムが取られています。

つまり事前にアカウントに登録するというページ内でamazonギフト券の入力を怠ると、ギフト券が適応されない形で会計が済まされてしまうので注意すべき事のひとつとして覚えておくべきでしょう。

amazonギフト券にはいくつかタイプが有り登録しなくて良い例外となる種類があり、それがチャージタイプのamazonギフト券です。

チャージタイプのamazonギフト券は購入すると即座にアカウントに自動反映されます。アマゾンポイントが多めに還元されるキャンペーンなどを行っている時にあえてチャージタイプを購入する方も多いのでこのタイプのギフト券は登録不要とおぼえておきましょう。

プレゼントされたamazonギフト券
Amazonギフトカードの使い道や使い方とは

インターネットショッピングにおける最も主流のサイトといえば「Amazon」であることは間違いないでしょう。 以前は親戚や友人からのプレゼントとして、有名デパートやスーパーの商品券が選ばれることもありま ...

続きを見る

発行されたギフトコードには有効期限がある

ギフトコードの有効期限
知っておくべきギフトコードのルールとして挙げられるもう1点が有効期限です。

amazonギフト券にもコードにも有効期限が設けられており、期限が過ぎてから登録を行おうとしても有効期限切れとして無効になってしまいます。

企業企画や登録への返礼などからギフト券を手に入れて番号が記載されているメールなどが送られてきたようなら、極力早めに登録を済ませて使い切ることが推奨されています。

マイページの開設やアカウント登録、ギフト券の維持などは全て無料で行えますのでしばらくインターネット通販での買い物を計画していない方でも、とりあえずギフト登録だけは先に済ませておくべきだとイメージしておいてください。これはアカウントに登録することで紛失などを避けるためです。

有効期限は登録してからも消えることはありませんのでお間違えのないように。ただし2017年4月24日以降に発行されたギフトコードに関しては10年間と非常に長い有効期限なので焦ることもないかもしれません。

有効期限と言えば複数のギフトコードを登録した場合は有効期限の早いものから使いたいと思いませんか?

じつはこうした場合も有効期限の近いものから自動的に使っていくので問題がないのです。

なので単純に期限だけしっかり把握しておけば有効期限は大丈夫なのです。

amazonギフト券の有効期限
Amazonギフトカードの有効期限は10年に延長-2017年4月24日以前と以降の違い

Amazonを利用する際によく利用されるのが「Amazonギフト券」です。 「ギフト券」という名はつきますが、親戚や友人などにプレゼントすることはもちろん購入者自身が利用することも多くあります。 そん ...

続きを見る

ギフトコードは再発行が可能

コードは再発行できる
3つ目の知っておくべきルールがコードの紛失や番号を忘れてしまったときの対処法です。

例えばメールでギフト券コードが送られてきたのでコピー&ペースト形式で登録を実施しようとしたものの、ちょっとしたミスで対象のメールを消去してしまいコピーも消えてしまったという場合には、即座にアカウント登録が出来ずに困ってしまいます。

そのような際にはamazonのカスタマーセンターに問い合わせを行えば、最短で一日で番号を教えてもらえますので早急に連絡を入れると良いでしょう。有効期限が過ぎてから連絡を入れても遅いからです。

ギフトコードを伝えるだけで受け渡しは可能

ギフトコード譲渡は簡単にできる
4つ目のルールはコードの受け渡し方法です。

amazonギフト券を大量に購入したものの余らせてしまったので家族に送りたい、そんな場合でもamazonのギフト券なら譲渡が禁止されていないので安心して受け渡すことが可能となっています。

ただしアカウントに登録する前のものに限るといったルールがありますので、一度自身のアカウントで登録してしまった金額分に関しては第三者に渡せないことも覚えておいてください。

未使用のギフトコードのみ個人間での移動が可能なのです。

コピペしてLINEで送る事もできるので非常に手軽ですね。

未登録ギフトコードは最大93%で換金できる

ギフトコードは最大93%で換金可能
amazonギフト券は実体がないので正確には金券とは言えませんが周知の通りアマゾンで買物ができるため金券の様に認識されています。

お金と同様に使うことができるためその価値から換金もできてしまうのです。

よくある金券ショップを思い浮かべると、商品券、新幹線のチケット、ライブチケットなど買取をしています。

実はamazonギフト券も買取してもらうことが可能なのです。

ただし店頭買取している店舗は少ないため専門の買取サイトを利用するのが主流となります。

スマホから数分で申込ができ入金まで60分以内でできることから利便性が非常に高く、今、利用者は爆発的に増えています。

amazonギフト券買取でお得に現金化!おすすめな優良店と使い方を徹底解説

「amazonギフト券買取って?」 「amazonギフト券ってどうやって換金したらいいの?」 「amazonギフト券買取ってどこでやってもらうのがおすすめ?」 amazonギフト券を換金して現金に変え ...

続きを見る

中でも業界Maxの換金率を誇る買取ボブは買取保障も付いていて初めてギフトコードの買取を依頼する時にとても重宝されています。

また運営年数も長くデジタルギフトコード買取のパイオニアできるサイトですので信頼性は十分と言えるでしょう。
※買取率は変動します

買取ボブ公式ホームページ

登録したギフトコードの残高も現金化は可能!?

間違えてチャージしてしまったギフトコードの買取
間違えてチャージしてしまった場合でも問答無用で使い切ることを余儀なくされるamazonギフト券をどうにか現金化できないか?

そうお困りの方は朗報です。

幅広い電子ギフト券に対応しているギフトグレースでは登録してしまったギフトコード残高も買取ってくれるサービスを開始しました。

どうにか現金化したい方は一度問い合わせてみる価値はあると思います。

他サイトで登録してしまったギフトコードを取扱っているケースはあまり聞いたことがありません。

このサービスはとてもありがたいものになるのではないでしょうか。

ギフトグレースの公式ホームページ

-amazonギフト券使い方
-, , ,

Copyright© デジタルギフト券売買まとめプライムサーチ【買取・販売・購入】 , 2019 AllRights Reserved.