アマゾンギフト券の売買サイトの比較、詳細、使い方をご紹介!

amazonギフト券売買サイト「ベテルギフト」

注意点

Amazonギフト券の換金目的の購入は規約違反

更新日:

ネットで簡単に買えるamazonギフト券

今や商品はスーパーやデパートなどで購入するだけの時代は終わりを迎え、Amazonに代表されるようなインターネットショッピングが主流になりつつあります。その形式のなかでもサービスの多様化が進んでおりAmazonではプライム会員に代表される動画配信、音楽配信、配送サービスなどとてもうれしい内容が沢山用意されています。

アマゾンには会員以外にも利用できるサービスはあり、その一つとしてAmazonギフト券を使った買い物が挙げられます。このamazonギフト券は通常、amazonで販売されており販売価格は額面の価格と同じになります。

例えば、5000円分のギフト券なら5000円で購入が可能です。

友人・知人や親戚などにプレゼントもできるAmazonギフト券には3つのタイプが存在します。

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • カードタイプ

中でも「Eメールタイプ」はAmazonギフト券の売買サイト、買取サイトで取扱がされており高値で換金することが可能です。

しかしメリットとして高換金率でお金にすることができる一方で、Amazonギフトカードを換金対象とすることに対してはデメリットも多く存在します。

スポンサーリンク

amazonギフト券は詐欺事件の現金媒介商品として利用されている

現金媒介商品として利用する詐欺グループ

Amazonはアマゾンギフト券の換金・転売を推奨しているわけではありません。それは、近年問題視されてきている架空請求などの詐欺をはじめとする数多くのトラブルに原因があります。

Amazonギフトカードはどのタイプを選んだとしても、基本的にはクレジットカードによる決済しかできません(「カードタイプ」は店頭販売も行っているため、クレジットカードに限らず現金決済も可能です)。

特に、買取サイト、売買サイトで取り扱っている「Eメールタイプ」は、クレジットカード決済が可能で換金性も高い代物となります。

もしクレジット決済で購入した場合、ショッピング枠で購入したものですから代金はクレジットカード会社が立て替えていることになります。

架空請求などの詐欺にあった場合、匿名性、換金性が高く前払いできる電子ギフト券が狙われますので格好の商品というワケです。

またカード会社への支払いが終わっていない中で売却して換金するということは許されることではありません。

そのため、万が一換金していることが発覚してしまった場合はクレジットカード会社への利用規約違反となります。

それだけではありません。実は、この行為は詐欺罪や横領罪となることさえあるのです。

アマゾンギフト券の利用規約では転売・換金目的の利用制限されている

利用規約での転売・換金目的について

実は、Amazonのギフト券の利用についてはこのような規定が存在します。

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。

つまり、Amazonギフト券自体が金券ショップや正当な売買サイトであったとしても取引することは禁じられているということになります。さらに、これに違反するとどのようになるかもはっきりと明記されています。

これらの制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。

ということは、万が一、転売されているギフト券を取得してそれが発覚した場合はそのギフト券を利用できなくなる恐れがあると言えます。

正規なルート以外で格安で販売されている売買サイトや個人同士間での取引も認められていないということになります。

仮にそれを無視して売買を行い、アカウントを止められていたりギフト券の効力がなくなっていたりしたとしてもAmazonは何も対処しないばかりか、逆にAmazonの規約違反とされてしまうことになりかねないのです。これがAmazonが売買サイトによる転売を推奨しない理由の1つです。

規制が強まるamazonギフト券

規制強化

現在の日本では、振り込め詐欺事件の発生が留まるところを知りません。当初は現金を金融機関で振り込ませる手法が主流でありましたが、警察や金融機関の水際での努力や啓蒙活動から対応が徹底されてきました。

その結果、今度は現金を直接受け渡しする手法に代わってきたり、郵送で受け渡しをする手法が採用されるなどまるで「いたちごっこ」のような様相を呈してきています。

そして最新の手法の1つとして、「Amazonギフト券」を介して受け渡しをするという手法がとられているというのです。

入手したAmazonギフト券は何もそれで買い物をするために入手しているのではありません。そんなことをすると当然、いくらインターネット上といえどもばれて逮捕されてしまうリスクが伴います。

そこで、売買サイトなどを通じて個人間での取引を行い現金化をしようとするのです。しかも、これらの売買サイトは身分証明書なども必要なく銀行口座の情報さえあればアカウントを作成できるものが多いです。

しかも、その銀行口座が架空名義のものであったとしても関係ありません。これこそが匿名で売買が成立し、自身は詐欺で得たAmazonギフト券の現金化に成功するのです。

問題はそのようなギフト券を購入してしまった人です。当然、Amazonの規定に違反しているわけですから、ギフト券の使用は停止されてしまっています。もちろんお金のやり取りは終了しているでしょうから、2度と購入代金が返ってくることはないでしょう。

問題はそれだけではありません。購入ルートを追跡されると、犯罪の片棒を担いだということで捜査対象として浮上することだってあるのです。

Amazonギフト券は例えばお米券やビール券・図書券のように額面の数%ディスカウントされて販売されるということはありません。

「購入金額=額面金額」なのです。少しでもお得にAmazonギフト券を利用したいという気持ちはわからなくはないですが、規約に抵触する方法で売買取引をすることはリスクを伴うということを認識しておく必要があります。

amazonギフト券の換金について

換金したお金

Amazonギフト券は換金できないのか、ということになると実はそういうわけではありません。「グリーディングカードタイプ」は、先述したようにコンビニエンスストアをはじめ、スーパーマーケットでも普通に売られているものです。

レジの前などによく置いてあるあのカードが「カードタイプ」です。カードタイプはレジを通すとクレジットカードをはじめ現金決済だって可能です。ただしコンビニなどで直接クレジットカード決済でamazonギフト券は購入できませんので例えばプリペイドカードなどにクレジットカードでチャージして購入する等が必要です。

どうしても現金化したいということであれば、このカードタイプは買取サイトでも取扱可能です。ただしギフト券マッチングサイトではカードタイプが出品できないサイトもあります。

額面金額が購入金額である以上、高値で買い取ってもらえることはまず不可能であるでしょう。金券ショップにとっては何のメリットもない金券だからです。逆に少し割安に買いたたかれることだってあるかもしれません。金券ショップとしても、額面以上の値段で販売することなどありえないからです。そのような金券ですから、金券ショップや買取ショップもある程度信頼のおけるところでないと売ってはいけないと考えています。

転売目的で購入してはいけない理由についてまとめ

転売目的で購入してはいけない理由

人からプレゼントされたものならともかく、転売目的でAmazonギフトカードを購入するということはメリットは乏しくデメリットのほうが大きいということを認識しなければなりません。ハイリスク・ローリターンな取引という認識は必要と思います。

利用規約を見ても制限範囲外で取得されたギフト券については「利用をお断りする場合がございます」と記載されているので曖昧と言えば曖昧です。もちろん正規取得されたギフト券以外は利用ができないとした上での記載で実際には利用できている現状があるのでグレーゾーンとなります。要するにamazonのさじ加減ということですね。

  • プレゼントで貰ったギフト券を換金する→グレー
  • そもそも換金が目的である→規約違反、発覚した場合アカウント停止の恐れ
  • 正規販売でないところから購入→トラブル発生した場合、購入代金が返って来ない恐れあり

プレゼントでもらったギフト券でも不正に取得されたギフト券であれば、場合によってはトラブルに発展するおそれはあります。

amazonが制定する規約の意図には犯罪防止も含まれており、詐欺などで入手したamazonギフト券の換金する出口としてギフト券取引所等が利用されるからです。もし犯罪で入手したギフト券を利用してしまった場合大きなトラブルに巻き込まれることは容易に想像できます。

以上のようにAmazonギフトカードを売買サイトや買取業者で取引することに対しては、事実上大変厳しいものだということが言えると思います。技術は進歩し、その反面、これだけ便利といえるAmazonであっても規制すべきところはしっかりと規制されているということがわかります。デジタル社会に突入していく中で、不正も進化してきました。あくまで公正な売買ができるように考えられているシステムだということを肝に銘じて、利用していくことが求められているのです。




スポンサーリンク




スポンサーリンク

amazonギフト券売買サイト比較ランキング

ベテルギフト

ベテルギフトはamazonギフト券を始め全22種類の電子ギフト券の売買を行えるプラットフォームとなります。比較的後発組の売買サイトではありますが買取サイトの運営もしているので電子ギフト券のノウハウはありトラブル対応にも安心感があります。不正なギフト券の取締には非常に力を入れており利用者全てに安心して利用できるサイトを掲げている点は好印象ではないでしょうか。 出品手数料、登録料なども無料で行っているので非常に使い勝手の良いサイトと言えます。

 

ギフト券取引所

ギフト券取引所はアマゾンギフト券専門の売買サイトです。見やすいサイトになっていて初心者でも簡単に操作が可能です。ギフト券購入までは登録→入金→購入で最短10分で行うことができます。平均的に5%割引で販売されていますが最大10%まで出品されることもあるので時期を狙って購入すればお値打ちギフト券に出会えるかも!?安心の取引システムで不正なギフト券が出回らない様になっているので安全に取引ができます。

amaten(アマテン)

amatenは言わずと知れた電子ギフト券売買サイトの先駆けであり業界のパイオニアと言えます。利用者数、知名度共にとても高いのですが2016年9月ごろより手数料の改定を続けて来たのが原因かわかりませんが以前のような勢いはなくなりました。サポートもメールのみの対応ということですので何かあったときは少々不安が残ります。しかし売買サイトの最大手だけあって取引量は非常に多いので格安ギフト券に出会えるかもしれません。

 

-注意点
-, , ,

Copyright© amazonギフト券売買サイト徹底比較|プライムサーチ , 2017 AllRights Reserved.