アマゾンギフト券の売買サイトの比較、詳細、使い方をご紹介!

amazonの使い方

【詳細】amazonで注文をキャンセルするには~方法や返金について~

投稿日:

返品方法を調べる

実店舗で商品を返品やキャンセルすることは容易に行うことができます。しかし、Amazonのようなインターネットショッピングにおいてはどのようにキャンセルしたらよいのかわかりにくいのが実情です。また、返品した場合には返金がちゃんと行われるのか不安になるところですね。

今回は、Amazonにおいての注文キャンセルや返品作業は同のようにすればよいのか、また返金作業はきちんと行われるのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

注文をキャンセルする方法

注文キャンセル方法
注文をキャンセルしようとするとき、まず行うことはAmazonサイト内にて注文の取り消しを試みることです。その方法は以下の通りです。

  1. Amazonサイトの「注文履歴」画面からキャンセルしたい商品を選択。
  2. 「商品をキャンセルする」が表示されている場合には、キャンセルが可能。ボタンをクリックしてキャンセルすると、手続きが完了します。
  3. 「出荷準備中」という表示がされている場合には「キャンセルリクエスト」を選択します。
    ※この場合、2時間前後でキャンセルできたかどうかの連絡が登録されたEメールアドレスに通知されます。Amazonマーケットプレイスの出品者が発送する商品に関してはキャンセル理由など必要事項を入力しメール送信します。24時間以内にキャンセルできたかどうかの連絡が届きます。つまり、必ず商品がキャンセルできるかどうかは断言できません。キャンセルできなかった場合には、さらなる手続きが必要となります。
  4. 「商品をキャンセルする」・「キャンセルリクエスト」のどちらも表示されていない場合は発送済みとなっていますので、この画面からの手続きが不可能となっています。改めて別の手続きが必要になってきます。

ネット通販特有のわかりにくい手続きですが本当に困ったらamazonヘルプ・サポートへ問い合わせをすると良いでしょう。amazonのヘルプ担当者はとても親切で今までのネット通販歴の中でも5本の指に入ると個人的には思っています。

キャンセル時のポイント
ネット注文で発送準備を行う特性上、注文を確定してから時間の勝負となります。すぐに手続きを行えば発送
される前にキャンセルすることができます。誤って注文してしまうことは誰でも起こり得ることですから万が一のときに備えてキャンセルについて少しばかりしておくことが大切です。もしくはこのページをブラウザのブックマークに追加しておけばもしものときに役立ちます。

商品のキャンセルができなかった場合の2つの手続きについて

キャンセル不可の場合の2つの手続き

Amazonサイトから商品のキャンセルができなかった場合には、以下の2つの方法でキャンセルの手続きを行います。

①「受取拒否」をする

商品の注文をキャンセルできなかったということは、すでに配送業者が自分の手元へと商品を運んでいるということにほかなりません。つまり、配送業者は自分の手元へ商品を届けに来ます。そこで、届けに来た配送業者に「受取拒否」をすることによって注文をキャンセルします。もしコンビニ受取を選択していた場合には配送通知から日以内に受け取りにいかなければなりませんが、受け取りにいかなければ自動的にAmazonへ商品が返送されます。Amazonへの返送をもって注文がキャンセルされたと認識されることとなっています。

この方法は一見便利なように見えますが、あまりに多用することは差し控える必要があります。受取拒否を繰り返していると、アカウントの閉鎖や削除などのペナルティを科される可能性が指摘されています。当然のことながら、受取拒否することにAmazonも配送業者も何のメリットもありません。それどころか、多くのコストがかかってしまっています。つまり、受取拒否はAmazonや配送業者にとってはリスクなのです。さらに言えば、Amazonと配送業者との信頼関係も損なわれてしまう可能性だってあるのです。Amazonにとってはそれも大きなリスクです。そのため、繰り返し受取拒否をする顧客はAmazonにとってはリスク顧客にほかなりません。そのため、それを回避するためにアカウントを凍結したり削除したりするのです。この方法は「今回限り」と肝に銘じて、十分な注意が必要です。

②商品を自分で返品する

受取拒否もできず、あるいは行わずに商品が手元に届いた場合には自分の力で商品を返品しなければなりません。ダンボールは開梱してはいけません。そのまま返品することが重要です。ダンボールを開梱してしまうと全額返金が受けれなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

方法は以下の通りです。

  1. 「返品受付センター」または「注文履歴」をクリックします。
  2. 「商品を返品または交換する」をクリックします。
  3. 「返品・交換の理由」をプルダウンから選択します。
  4. 返品理由を記入します。
  5. 「返金または交換」のページでは、手続きの方法を指定します。
  6. 返送先住所が記載されたラベルをプリントアウトするか、そのまま記入してダンボールに貼り付けます。
  7. コンビニで集荷してもらうか、日本郵便の集荷サービスを利用してAmazonへと発送します。
  8. 返送センターに荷物が届き次第、返金処理が行われます。

通常はこちらを利用することが一般的です。手間はかかりますが、極力自分で返送するようにしましょう。

返金はいつ行われるのか:5つのケース

5つの返金
返送センターへに商品が届いたら、返金手続きが開始されます。返金方法によって様々ですが以下のように返金されることが一般的です。

  1. ①クレジットカードの場合

    購入したクレジットカードかAmazonギフト券に1日~3日後をめどに返金されます。

  2. ②コンビニやATM支払いの場合

    Amazonギフト券か銀行振込によって返金されます。Amazonギフト券の場合は1日から3日後、銀行振込の場合は1週間前後で返金されることが一般的です。

  3. ③代金引換の場合

    Amazonギフト券か銀行振込によって返金されます。1~2週間が一般的ですが、3週間かかる可能性もあるといわれており長期間に及ぶことを考えておく必要があります。

  4. ④Amazonギフト券の場合

    そのままAmazonギフト券の残高に返金されます。1日~2日が一般的です。

  5. ⑤Amazonポイントの場合

    そのままAmazonポイントに返金されます。通常は1日~3日かかります。

いずれの場合においても、あまりに長期間返金されない場合にはカスタマーセンターへ問い合わせることをお勧めします。

まとめ

キャンセル時は慌てずに
Amazonはさすが最大手のインターネットショッピングサイトであり、しっかりとした返品態勢が整えられています。必ずお金が返ってくることも安心感につながっているのではないでしょうか。キャンセル時は慌てずに手続きを行えば良いことがわかりましたね。しかし、だからといって返品を頻繁に行っていいということではありません。ショッピングに限らず、インターネットで行うことはすべてが自己責任の下にあることを忘れてはいけません。注文を出す際にも必ず確認をして、間違いのないようにしなければなりません。間違えてしまうと、コストや手間が無駄にかかってしまうのですから。




スポンサーリンク




スポンサーリンク

amazonギフト券売買サイト比較ランキング

ベテルギフト

ベテルギフトはamazonギフト券を始め全22種類の電子ギフト券の売買を行えるプラットフォームとなります。比較的後発組の売買サイトではありますが買取サイトの運営もしているので電子ギフト券のノウハウはありトラブル対応にも安心感があります。不正なギフト券の取締には非常に力を入れており利用者全てに安心して利用できるサイトを掲げている点は好印象ではないでしょうか。 出品手数料、登録料なども無料で行っているので非常に使い勝手の良いサイトと言えます。

 

ギフト券取引所

ギフト券取引所はアマゾンギフト券専門の売買サイトです。見やすいサイトになっていて初心者でも簡単に操作が可能です。ギフト券購入までは登録→入金→購入で最短10分で行うことができます。平均的に5%割引で販売されていますが最大10%まで出品されることもあるので時期を狙って購入すればお値打ちギフト券に出会えるかも!?安心の取引システムで不正なギフト券が出回らない様になっているので安全に取引ができます。

amaten(アマテン)

amatenは言わずと知れた電子ギフト券売買サイトの先駆けであり業界のパイオニアと言えます。利用者数、知名度共にとても高いのですが2016年9月ごろより手数料の改定を続けて来たのが原因かわかりませんが以前のような勢いはなくなりました。サポートもメールのみの対応ということですので何かあったときは少々不安が残ります。しかし売買サイトの最大手だけあって取引量は非常に多いので格安ギフト券に出会えるかもしれません。

 

-amazonの使い方
-

Copyright© amazonギフト券売買サイト徹底比較|プライムサーチ , 2017 AllRights Reserved.